画像
  BMW 3シリーズ

オイル漏れ修理

いつも停めている駐車場にオイル漏れの跡が・・・

 いつも停めている駐車場にオイル漏れの跡が・・・

下回りを確認したところ、タペットカバーのつなぎ目とエンジン裏手の真空ポンプから漏れています。

オイル漏れの原因は・・・

 オイル漏れの原因は・・・

車両の造り的に、エンジンが斜め左に傾いているためタペットカバーからオイルが漏れやすくなっている、定番の症状なのです。

真空ポンプのほうは・・・?

 真空ポンプのほうは・・・?

こちらは、液体パッキンでぐずぐずの状態になっていました。
前オーナー様が所有されていた時にパッキン交換をせずにシーリングで修理をしたようです。

オイル漏れの再発がないように、古いパッキンを取り除きます

 オイル漏れの再発がないように、古いパッキンを取り除きます

パッキンは密着性が高くないと意味がないので、古いパッキン等の汚れを綺麗に取り除いてから新品パッキンを取り付けていきます。

作業完了後は、アイドリング状態や試乗などでオイル漏れが起こらないことを確認して作業完了です。

■ BMW3シリーズの修理のお見積りはこちらから
■他にも、ホームページではご紹介していない修理事例はブログでご覧ください♪

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0465-46-6745
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

欧州車修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!