画像
  アルファロメオ147 GTA

ギアが入らず・・・アキュームレーター、セレポンプ・リレー交換 神奈川県小田原市

アルファロメオ147GTAです。

 アルファロメオ147GTAです。

ギアが入らなくなってしまったということで、早速診断を進めると、原因はアキュームレーターの不良でした。

アキュームレーターを交換していきます。

 アキュームレーターを交換していきます。

アキュームレーターは、セレの圧力を保持する役割をしています。
このアキュームレーターが不良を起こし、圧力を保てなくなったことが原因でギアが入らなくなったようです。

予防修理としてのセレポンプ、リレーの交換をします。

 予防修理としてのセレポンプ、リレーの交換をします。

セレの圧力を一定に保つためには、リレーが電源スイッチのような役割を、セレポンプが圧力を高める働きをします。
今回は、アキュームレーターが圧力を保てなくなった影響で、リレーとセレポンプは足りない圧力を補おうと、かなり負担がかかっていたことが予測されます。
お客様に予防として、セレポンプとリレーの交換をご提案したところ、同時交換のご依頼をいただいたため交換を勧めていきます。

左が新しいセレポンプ、右が取り外したセレポンプです。

 左が新しいセレポンプ、右が取り外したセレポンプです。

左が取り外したリレー、右が取り外したリレーです。

 左が取り外したリレー、右が取り外したリレーです。

部品交換前の圧力

 部品交換前の圧力

診断機でセレの圧力を確認します。
部品交換前の圧力は「26.92」でした。

部品交換後の圧力

 部品交換後の圧力

部品交換後に改めて圧力を確認すると「47.98」まで改善しました。
最後に診断機で‟セレのエア抜き”と‟キャリブレーション”をします。
走行テストをして入念にギアの入り具合を確認します。
セレの反応も良く、走行に問題もないので作業を完了し、ご納車をさせていただきました。

■セレの不具合、アルファロメオ147GTAの整備や不具合でお困りの際は、こちらからお気軽にお問合せ下さい

■他にも、ホームページではご紹介していない修理事例はブログでご覧ください♪

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0465-46-6745
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

欧州車修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!