画像
  メルセデス・ベンツ Cクラス

サイドブレーキワイヤー修理

走行時に下回りからシャーシャーと音がするということでご入庫いただきました。

 走行時に下回りからシャーシャーと音がするということでご入庫いただきました。

恐らくサイドブレーキのワイヤーが弛んでプロペラシャフトに擦れているのだろうという予測です。さっそく点検をしていきます!

下回りを診てみます。

 下回りを診てみます。

サイドブレーキワイヤーは遮熱板の中に入っているため、マフラーを外していきます。

マフラーと遮熱板が取れました!

 マフラーと遮熱板が取れました!

マフラーはとても高温なため、熱から守りたい部品は遮熱板に守られています。。。

垂れているサイドブレーキワイヤーを見つけました!

 垂れているサイドブレーキワイヤーを見つけました!

本当は、水色のクリップで止まっているのですが、クリップが劣化で砕けてしまい、ワイヤーがぶらりと垂れてしまい、写真下側に見えるプロペラシャフトに当たってシャーシャーと異音が出ていたようです。

クリップを所定の位置に戻してあげる。

 クリップを所定の位置に戻してあげる。

クリップが完全に取れてしまっているわけではないので、クリップの残った部分に括り付けてあげます。
修理完了後は走行中の異音はなくなりました♪

■メルセデス・ベンツCクラスの修理のお見積りはこちらから
■他にも、ホームページではご紹介していない修理事例はブログでご覧ください♪

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0465-46-6745
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

欧州車修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!