画像
  アルファロメオ156

エンジン掛からず入庫していただきました

アルファ156のオルタネーター交換

 アルファ156のオルタネーター交換

バッテリー上がりでレッカー入庫していただきました。
ジャンプスターターにてエンジンを一度かけて発電量のチェックをしたところ12V前後しか発電していないのでバッテリーが上がった主原因はオルタネーターの不良である事がわかりました。

アルファ156のオルタネーター交換はエンジンを半降ろしにする

 アルファ156のオルタネーター交換はエンジンを半降ろしにする

アルファ156のオルタネーター交換の際にはメンバーを下げないとスペースが空かないためエンジンを半分ほど降ろす作業が必要になってきます。
他業者様によってはエンジンを全降ろししないとやらないといったところもありますが、当店では必要最低限で作業スペースを空けられる経験があります。

左:旧部品  右:新部品

 左:旧部品  右:新部品

オルタネーターの発電不足を補う分、バッテリーがかなり消耗していたので今回はバッテリーも新品に交換させていただきました。
これで当分安心してドライブできます!


アルファ156の修理でのお問い合わせはこちらから

 information

■ アルファロメオ156の修理のお見積りはこちらから
■ 他にも、ホームページで紹介していない修理事例はブログでご覧ください♪

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0465-46-6745
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

欧州車修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!